立てば芍薬座れば牡丹濡れる姿は毛氈苔 (1話) | たにし

立てば芍薬座れば牡丹濡れる姿は毛氈苔 (1話)



たにし

生徒会長の星嚼静凜は、全校生徒を前にしたスピーチを、会長室で新太に絶賛されていた。綺麗で清楚で、勉強もスポーツもできる生徒会長のそばにいるだけで、新太は幸せだった。静凜が席を外したあと、置いていったハンカチを見つけた新太は、ついその匂いを嗅いでしまう。そこ,,,

サンプルを読む

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
RSSリンクの表示
検索フォーム
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
QRコード
QR